中古車

「あたし免許持っているんだけど、かれこれ10年以上運転していないわ」なんて方は珍しくありません。特に昔は4輪免許を取得するだけで、バイクの限定解除を運転することが出来ましたから、多くのペーパードライバーが存在していてもおかしくないのです。子供に手のかかるうちは時間に余裕がないため、車でゆっくりドライブを楽しんだり、車で長旅を楽しんだりできません。

 

しかし、子供が一人前になったことをきっかけに車でどこかに出かけたいなと思う事もあるでしょう。しかし、長年運転から遠ざかっているペーパードライバーの方には多くの不安があることでしょう。そこでオススメしたいのが、自動車学校で行っているペーポードライバー教室です。

 

運転に不安を持つ方、もっと運転がうまくなりたい方、改めて交通ルーを確認したい方などがいましたら、ぜひ入校申し込みを行ってください。各自動車学校により指導料金や教習時間などに違いがありますので、くわしくは最寄りの自動車学校にて確認されてください。結構人気がある教習なので、新しいお友達が出来るかもしれませんよ。

 

カーエアコン 修理

続きを読む≫ 2016/06/15 17:47:15

日本ではあまり見かけることのないディーゼル車ですが、ヨーロッパではよく見かけます。
どうして日本ではあまり普及していないディーゼル車がヨーロッパでは普及しているのか気になったりしませんか?
そこで今回はヨーロッパでディーゼル車が普及している理由を調べてみましたのでご紹介します。
ヨーロッパでディーゼル車が普及している理由の1つにヨーロッパは二酸化炭素の排出量に非常に厳しいことがあげられます。
そのため日本やアメリカに多いガソリン車では二酸化炭素の排出量を抑えられないため、環境への配慮からディーゼル車が好んで利用されています。
またヨーロッパではディーゼル車の規制が日本などよりも緩く規制をクリアした車がたくさん販売されています。
対して日本ではディーゼル車への規制が非常に厳しいため規制をクリアできる車が少なく、現在5車種ほどしかディーゼル車は販売されていません。
このような環境への意識の違いや、規制の違いからヨーロッパではガソリン車よりもディーゼル車が好んで利用され、広く普及する理由にもなっているようです。
トランスミッション 故障

続きを読む≫ 2015/12/24 12:45:24

世界的に見て電気自動車の開発が進んでいます。ハイブリッドカーの発展により家計の負担は減少しましたが、もしガソリンの値段が高騰した場合、電気自動車の開発が進めばより家計の負担を軽減することが出来ます。

 

また、温暖化の大きな原因であるCO2の排出をゼロに抑えることが出来るため、環境改善に大きな期待が出来ることからも電気自動車の開発は是非とも推し進めて頂きたいと思います。そんな中、電気自動車の高速充電機である「チャデモ」と「コンボ」の規格争いが勃発しています。

 

規格争いを行うことで、商品の充実化や性能の充実化が期待できると思いきや、逆に電気自動車の普及を阻害する恐れがあると懸念されています。電気自動車の開発・製造コスト、急速充電器の開発・製造コストにマイナスの影響を与えるのではないかと言われていて、

 

それにより、価格が上昇するため、消費者の購買意欲を削ぐことに繋がるのではないか?と専門家の間では心配されています。経済安定が見込めない中で販売価格が上昇することは消費者にとって痛いことです。せっかく将来性の高い事業だけに、ムダな失敗に終わらないことを祈ります。

 

車 故障

続きを読む≫ 2015/12/12 18:27:12

ガソリン価格が下落しています。逆に収入が高騰してくれるなら助かりますが、収入も下降の一途をたどるなか、ガソリンがどんどん下落し続ければ家計は助かります。でも、出来れば抑えたいガソリン代ですが、通勤や移動に車が欠かせない家庭においては否応なしに出費が大きくなってしまいます。

 

しかし、日本全国各地を見てみると、それほどガソリン代に困っていない地域もあります。実はガソリン価格は地域によって様々なのです。「なんで同じ国の中でガソリン代が違うの?」と気になる方もいることでしょう。

 

ガソリン価格は石油会社が独自で販売価格を定めていますので、地域や店舗によって変わってくる仕組みになっています。離党になってくればさらに輸送代が掛かってきますから、よりガソリン代が高くなるのは当たり前です。

 

しかし、沖縄県においては少し事情が変わってきます。沖縄県は揮発油税、また地方道路税が優遇されている事情がありまして、離島ではあるもののガソリン代は日本でもトップクラスに入るほどお安くなっています。北関東や東北地方においては店舗間同士の競争が激しいため、価格の値引き競争により比較的安いと言えるでしょう。

 

車 買取 注意

続きを読む≫ 2015/12/11 19:12:11

車を買い替えるタイミングについては、3年目か5年目の査定前がよいといわれています。もちろん、売却するなら早い方が高く売れます。一般的に、車は1年乗ると100万円近く下落し、次に3年間で4割近く落ちて行きます。

 

一時期大幅に下落したあとは、なだらかに下落していくのが普通なので、買い替えたいと思った時にはなるべく早く売却した方がよいと思います。1年目以降ですと、買取価格がワンランク下がるのは、車がモデルチェンジした時か、走行距離が3万キロを越えるか、初車検の前後です。ですので、3年目で飽きてしまった場合は、速やかに売却した方がよいでしょう。

 

次にワンランク下がるのは、走行距離が5万キロを超えるか、車検2回目に当たる5年目となります。ランニングコストなどを考えると、5年目の査定前に売却するのがベストであるともいわれています。また、コストを考えると買い替えるよりも乗り潰した方がよいですが、長く使用する場合も維持費などがかかります。そのため、維持費の負担が大きくなる9年目か11年目の車検前などに買い替えるのもよいと思います。

 

車下取り価格

続きを読む≫ 2015/12/10 19:22:10

ヴェルファイアは、アルファードが2代目へとモデルチェンジする際に生産されたミニバンですが、インテリアは特別仕様車を除いてほとんど同じで、主に違いはエクステリアのみとなります。

 

アルフォードはファミリー向けのあっさりとしたデザインですが、ヴェルファイアはフロント回りがシャープでちょい悪な雰囲気を醸し出しており、若者向けとなっています。アルファードとヴェルファイアは、ノアとヴォクシーのような販売店違いの2トップ体制で展開されており、アルファードはトヨペット店。ヴェルファイアはネッツ店で販売されています。

 

販売台数では、ヴェルファイアのほうが大きく上回っています。どちらも24グレードが設定されており、ライバル車である日産のエルグランドへの対抗方法として、とにかく内装・外装の高級感に力を注いでいるのが特徴的です。

 

たとえばオットマン付きのリラックスキャプテンシートも充実していますが、オプションのエグゼクティブキャプテンシートを選べば、さらに電動リクライニングや大型ヘッドレストなどによってさらに寛げます。燃費性能も20%アップしており、最先端の安全性能を備えています。

 

車 下取り 見積もり

続きを読む≫ 2015/12/09 18:56:09

ドイツのフォルクスワーゲンがどえらいことになってますね。

 

ドイツの自動車メーカーって日本の会社より良いイメージを持ってたんですけどね〜。

 

新興国の最近出てきたあやしいところならいざ知らず、まさかドイツ車がこんなことするとはね。

 

それで早速、株価が急落してるみたいですね。

 

これは日本車勢に追い風が吹くかもしれませんね。

続きを読む≫ 2015/09/23 11:52:23